お知らせ

あうる整体整骨院トップページ > 未分類

未分類

五月病

2022.05.11

連休が慌ただしくすぎ、非日常的な時間から生活リズムを取り戻せているでしょうか?

10連休となった今年のゴールデンウィークですが、連休の中でも日によって気温差があったりで体調を崩しやすい日が続きました。

連休が開けると、日常生活のリズムが戻らない「五月病」になり、なかなか体調が優れない方も多くおられます。

季節の変わり目と同時にゴールデンウィークの後半は、ギックリ腰の患者様の急増しました。

10連勤する仕事の体力はあっても、10日間遊び続ける体力はなかなか備わっていないんですね。

それぐらい遊ぶことは体力が必要なんですね!

季節の変わり目、連休と重なることでカラダへの負担は普段のおやすみよりも著しく溜まっているようです。

五月病から抜け出すためには

まずしっかりと朝起きて太陽を浴びる!

太陽の光は身体を起こすのに必要なホルモンを分泌させ、活発化させてくれます。

そしてしっかりとご飯を食べて体力をつける!

ご飯をしっかり食べることにより自律神経も整えられます。

最後にしっかり睡眠!

先程もお話させていただいたように自律神経の調節はなかなか難しいです。

現代社会ではスマートフォンが便利になりすぎて動画や様々な情報がすぐに見れるので真夜中もずっとスマートフォンを見てしまう方も多いのではと思います。

スマートフォンのブルーライトは太陽の光よりまぶしく、眼球のすぐ後ろにある脳に大きな負担をあたえます。

脳は強い光を日光と認識してしまうため、体を起こそうと働いてしまい眠れなくなっしまいます。

こうして睡眠障害が起きてじりつが乱れやすいなっていくのです。

起きる時は起きる、寝るときは寝るとメリハリのある規則正しい生活を送ってくれることをおすすめします。

 

ゴールデンウィークがやってくる!

2022.04.22

こんにちは!

あうる整体整骨院のブログをいつもご覧いただきありがとうございます!

皆様毎日お仕事お疲れ様です!

後もう少しで待ちに待ったゴールデンウィークですね。

最大10連休という夢のようなバカンスが過ごせそうですね。

どこに行こうかなど、皆様はもうご予定決まっていますか?

旅行もよし、お買い物もよし、キャンプもよし、バーベキューもよし、楽しみでいっぱいですね!

しかし、いつもの日常と違うことをするのはリスクが伴います。

怖いのは、はしゃぎすぎたり、家族のために頑張りすぎたり、普段やらないスポーツで無理をしたり、

普段使っていない筋肉を使うことで肉離れや捻挫、ひどい場合骨折など予期せぬアクシデントに見舞われる可能性が非常に高いです。

せっかくのゴールデンウィークに痛みにたえながら祝日だから医療機関がどこも空いていないなんてことになったらすごく不安ですよね。

そんなときにご相談いただきたいのは大阪市城東区のあうる整体整骨院です。

当院は木曜日と土曜日の午後以外日祝通常対応!

お体のお悩み何でも相談受け付けます!

例えばアウトドアなどで重たいものを突然持っだり運んだりで腰を急性腰痛いわゆるぎっくり腰になった時でもしっかりとケアさせていただきます。

ここ最近は新型コロナウイルス感染拡大問題で外出自粛や飲食店の時短営業など、ストレスを発散できる機会が失われがちでしたね。

なかなかお出かけにも気を使う御時世ではありますが、外出時のマナーやソーシャルディスタンス、感染予防の注意をしっかりと守り行動すればお出かけは何も悪いことではありません!

毎日毎日、仕事や家事や育児や勉強で頑張り続けているのだからたまには自分のためにゴールデンウィークを使って、思い切り楽しんでください!

そして、思い切り楽しんで疲れたらあうる整体整骨院でお体をケアして連休明けは元気に日常生活にもどってくださいね。

私達は皆様が楽しい毎日を送ってくれて、元気にがんばれる体を整えて、こんなに良いことがあったと嬉しそうにお話を聞かせていただくのが何よりも楽しみです。

ゴールデンウィークまでまだ少しありますが、今は規則正しい生活を送って、しっかりと食べて、しっかり寝て、体調を崩すことなくゴールデンウィークを迎えてくださいね!

そして、たくさん楽しんで良い思い出をつくって疲れたらあうる整体整骨院は万全の体制で皆様のおこしをおまちしております。

いつでもおこしくださいね!

腹圧式呼吸

2022.04.22

こんにちは、あうる整体整骨院のブログをいつもご覧いただきありがとうございます。

日々患者様のお悩みをお聞かせいただいている中でいろんな痛みのお話を聞くことがあります。

首肩腰などその他にも痛みの出る場所は様々ですが、一番よくお聞きするのが腰痛、腰の痛みではないかと思います。

腰痛、いわゆるぎっくり腰は突然襲ってきます。

西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれるほど一度起きるとどんなに屈強な男性でもピクリとも動けなくなるほどその痛みは強烈です。

今回のお話は急性腰痛になってからの対処法ではなく、ならないように日々の生活に取り入れていただきたい腰痛予防策のひとつをご紹介したいと思います。

このブログを読んでいただいた方の中で少しでもご興味を持っていただいた方はぜひ生活中にとりいれていただき腰痛にならない身体作りに活用していただけることを願っています。

本日ご提案するのは体の軸を安定させ、無理のない姿勢を手に入れるための腹圧式呼吸という方法です。

この呼吸法はホルモンバランスが崩れがちな40代以上の女性の健康サポートにも効果があります。

腹圧式呼吸はIAP呼吸ともよばれています。

IPAとは腹腔の圧力のことです。

息を吸うときも吐くときもお腹を凹ませずにお腹周りを硬くして膨らませたまま息を吐ききっていくことにより、お腹の圧力を常に保つことが出来ます。

体の中心が筒のようになることで大観や背骨をしっかり安定させることができるのです。

体幹を安定させることにより腰痛の予防と解消ができます。

実際にどうするかというと、座って行う方法では、

まず、耳と肩がまっすぐになるように座ります。

次に手のひらを上に向けお腹に向けて膝の上に置く。

両手をゆっくり足の付根にスライドさせて指先を軽く差し込む。

5つ数えながら鼻から目一杯息を吸い込み指先を押し返すようにお腹を膨らませます。

それから5つ数えながら口から「ふ~」とゆっくり吐きます。

手の指先を押し返す感覚はそのまま、これを6回ほど繰り返します。これでちょうど1分になります。

朝晩で1分ずつやってみましょう。

こつは手を当てながら腹圧を感じて呼吸をすること。

腹圧式呼吸は呼吸が深くなり、体内の酸素が増えて頭もクリアになり、自律神経が整うことでホルモンバランスもよくなります。

このように一日朝晩1分ずつ日常生活に取り入れるだけで突然襲ってくる腰痛を未然に防げるかもしれません。

どうぞお試しください!

毒素 ストレス デトックス

2022.04.10

普段の生活の中でよく耳にする「毒素」。

何気なく使っている毒素という言葉ですが、この毒素の正体ってなんだろう?と疑問におもいませんか?

本日は毒素とはこういうものです、というお話をさせていただきます。

毒素とは生細胞あるいは生体内で産生される有害物質です。

毒素には低分子、ペプチド、たんぱく質があり、生体組織と接触あるいは吸収され、酵素あるいは受容体といった生体高分子と相互作用により病気を引き起こします。

私達が生活する中で体内で不要になった老廃物がこれらのような毒素に変わっていきます。

生き物はみんな食物を接種し、必要な栄養素が体内で吸収され、利用しエネルギーをつくります。

最後に残る不要物がいわゆる老廃物になり、本当は静脈やリンパで吸収され、最終的には尿や便で排出されるのですが、循環排出作用がうまくいかないと体内に老廃物がたまり、いろんな悪影響をおこします。

肥満

むくむ

便秘

セルライト

肌トラブル

老化

風邪

などのような身体の異常を引きおこすために老廃物や毒素は溜まる前に排出することが必要です。

そのためには便や尿の排泄が重要になります。

尿を作り出すにはまず、水分を十分に取ることです。

身体が必要とする水分は気温や活動状況により異りますが、一日2.5リットルが目安とされています。

これから季節は春から初夏、そして真夏へと変わっていきます。

水分不足や脱水症状など血液がドロドロになって老廃物が身体に蓄積しやすい状況がうまれやすい時期になるのでぜひとも気をつけて普段からたくさん水分をとってくださいね!

春に食べると良いもの

2022.04.10

「春の皿には苦味を盛れ」ということわざを聞いたことはあるでしょうか?

これは春には苦いものを食べよという意味です。

その理由は苦いものを食べることにより、冬の体から春のからだにチェンジするためです。

苦いものを食べることによる体への効果についてほんじつはお話します。

まず、苦いものを食べることにより、細胞が活性化されます。

春に旬を逢える山菜は苦味のある食べ物の代表格と言えるでしょう。

これら山菜にはポリフェノールやミネラルが豊富に含まれており、ワインなどのように細胞を活性化させ、若々しさを維持させるため新陳代謝を活発にする働きがあるのです。

我々人間は冬に寒さを乗り切るため脂肪を溜めこむ体質があります。

脂肪があるためエネルギーを燃やすことができ、冬場も活動的でいられるのですが、冬が終われば溜めこんだ脂肪や老廃物を燃焼排出しなくてはいけません。

そのファイヤースターターとなるものが山菜など春の苦味のある食べ物なのです。

苦味は消極的な冬の体に刺激をあたえ、活動的になる春の体に変えてくれる働きがあります。

職場や学校などにおいて春は始まりのシーズンであり、行動力があれば良いスタートがきれるでしょう。

冬の体を脱ぎ捨てて行動力を身につけるためにも春に食べると良いと言われる食物は積極的にとりいれたほうが良いです。

近年「食養生」という言葉が注目されています。

食を通して健康を得たり、元気な体を維持させることを意味する言葉です。

健康を維持するには、適度な運動やストレスを溜めすぎないこと、質の良い睡眠などが必要だが、食事からバランスのとれた栄養価をとりいれることも非常に重要です。

栽培技術の向上により食べ物の旬は分かりづらくなっていますが、季節にあった食べ物にはその時期に人間が必要な栄養素がたくさん含まれているので季節の旬を知っておくことは健康な体作りにも大切です。

春の苦い食べ物を取り入れ、苦味を楽しめるようになると食の範囲も広がります。

幼い頃は拒絶反応をおこしていたものでも年齢とともに受け入れられるようになるのは身体が必要だと認識しているからです。

今の御時世、ストレスや疲れを感じることは誰しも多く、人それぞれ何らかの方法でストレスを発散することが必要です。

今回は春の食材についてお話しましたが、季節のグルメを楽しむのも良いストレス発散になるかもしれません。

皆様も今回のブログでご興味を持っていただけたらぜひお試しください。

鍼灸治療

2022.03.23

こんにちは、あうる整体整骨院のブログをいつもご覧いただきありがとうございます!
あうる整体整骨院は姿勢分析、カイロプラクティック、鍼灸治療を3本の柱として患者様の健康管理のお手伝いをさせていただいています。
本日はその中でも鍼灸治療のお話をさせていただきます。
まず、鍼灸の効果が出る仕組みのメカニズム。
これは、すべて明らかになっているとは言えません。
しかし、鍼灸治療は臨床と研究が重ねられ、ある程度の作用の仕組みについてはわかってきていると言えます。
主に下記のような作用が働くことで、効果がでるのではないかと考えれられています。これらは「肩こり、腰痛」といった従来の鍼灸の効果のイメージにとどまることなく、頭痛、風邪、胃腸の病気、下痢・便秘、冷え性、耳鼻科の病気や、自律神経失調症などの精神的疾患、生理痛などの婦人科系疾患、ひいては脳卒中の半身麻痺などの効果が引き出させることも指摘されているのです。
①生体機能調整作用
組織や期間の機能を回復させる作用が、症状により異なる働き方で起こることがわかっています。
疼痛やけいれんなどは、鎮静作用により
、機能が異常に高まっている状態を抑
える働きをする
痺れ、運動麻痺といった神経や臓器の機能低下は興奮作用により働きを再び活発化せるのように何に作用させるかで効果を変えることができます。
②血行促進作用
症状が起きている患部と健康な部分を使い分けることで、下記のような作用が働くと考えられています。
肩こり、筋肉痛、動脈硬化などは血管
を拡張させ、血行を促す働きが起きる
関節炎などの炎症は患部に集まってい
る血液を健康な部分に移動させること
で、炎症を鎮める作用が起こる
③免疫力の活性化作用
白血球を増やすことで、生体防御機能が高まり、身体全体の免疫機能を活性化させる働きをすると考えられています。
また、血行促進作用、生体機能調整作用によりガンや感染症にかかりにくい体質づくりにも役立つと考えられています。
民間療法的に定着していった鍼灸治療ですが、ここ数十年の間に鍼灸治療も含めた伝統的な医学は世界に普及し、現在では世界中で研究と実践が進められている普遍的な存在へと変貌を遂げています。
1979年にはWHOは鍼灸治療の適応疾患43疾患を発表し、2001年には大学病院での医学部教育課程に東洋医学が取り入れられるようになるなど、もはや民間療法ではない正式な医療としての役割の重要性は日に日に高まっています。
そのような背景には、ストレス、さまざまなアレルギー、慢性疲労など不定愁訴と言われる現代社会特有の疾患が増えてきており、それらに対して鍼灸治療はまだ未知数の可能性を秘めていると言っても過言ではないのではありません。

こんな方が多く来られます!

2022.03.12

こんにちは、あうる整体整骨院で管理鍼灸師をしております、石本と申します。

あうる整体整骨院にこさせていただいて早4年、いろんな患者様に関わらせていただき、日々新たな発見を与えていただいております。

あうる整体整骨院にはいつもたくさんの患者様がいらっしゃいます。

首が痛い、肩が痛い、腰が痛いなど抱えておられるお悩みはそれぞれです。

ただひとつ共通していることは問題を解決したい、家族のために仕事を頑張らなくてはならない、大事な試合で全力を出したい、皆様必死の思いで日々の生活を営んでおられます。

そんな患者様のためにわれわれあうる整体整骨院は何をしてあげられるだろうと考えた時に、やはり一日でも早く痛みから開放させてあげて元の生活を取り戻させてあげることが大事と思いました。

当院ではまず患者様のお話をしっかりお聞きし、何が原因なのかを患者様がご納得いただけるよう徹底してしらべあげます。

レントゲン写真や血液検査をしていただけるドクターとも連携をとり、患者様お一人お一人に適したプランをご提案して施術にあたっています。

改善の過程は症状や状態により様々です。

けして一日でおさまるものばかりではありません。

長いお付き合いになることになりますが、必ずその方が元気に生活できる状態にもどれるように全力で施術に当たります。

当院では大きく3つの方法を使って患者様にご対応しています。

まず、姿勢分析。

身体の歪みやアンバランスにより負担が偏り強い痛みや体調不良を引き起こすことがあり、なにが原因しているかを調べます。

そして、鍼灸。

鍼灸には様々な方法があります。

姿勢分析により構造上の問題が判明したら鍼灸の吸い玉により、体内の環境をしらべます。

どこに老廃物が溜まっているのか、身体の中に溜まった不要物を体外に排出する力がどれくらいあるのかがこの方法でわかりました。

最後にカイロプラクティックです。

当院のカイロプラクティックはアメリカから取り寄せたカイロプラクティックベッドを用いるため、身体に負担がかからない優しい矯正ができます。

近年パフォーマンス重視により激しいバキバキ音を求め必要以上に矯正し事故が起こるケースがありますが、当院はそのようなリスクを一切避けて必要な矯正を安全に行っています。

このように患者様と二人三脚で元気への道を歩んでゆくあうる整体整骨院は、患者様のお悩みを放っておくことはけしてありません。

お体にお悩みを抱えていらっしゃるならまずはご相談ください。

1 2 3 4 5 6 18

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0642588839

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒536-0023
大阪府大阪市城東区東中浜8-3-16
診療時間
月・火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木曜日
アクセス
緑橋駅から徒歩12分

0642588839

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
背骨・骨盤矯正
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
リンパマッサージ
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
あうる通信
求人情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

あうる整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒536-0023
    大阪府大阪市城東区東中浜8-3-16

  • 診療時間

    月・火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木曜日

  • アクセス

    緑橋駅から徒歩12分

エキテン口コミランキング1位 あいの泉クリニック
pagetop